今、話題のイソチオシアネートをご存知ですか?

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれている「イソチオシアネート」が最近注目を集めています!

イソチオシアネートはガン予防にいいって本当?

イソチオシアネートって最近聞くけどどんな効果があるの?

イソチオシアネートはどう摂取すればいいの?

理由はイソチオシアネートガンや動脈硬化のリスクの高い中高年の方にとって、たくさんの“嬉しい効果”があるということで注目が高まっているからです。

イソチオシアネートの効果は?

イソチオシアネートにはガン予防の効果があると言われています。

イソチオシアネートには体内の抗酸化力の働きを高めたり、解毒酵素を働きがあります。

抗酸化力を高める働きや解毒酵素の働きによってガン細胞が増殖していくのを抑えることで、抗ガン力が高まります。

今、イソチオシアネートは世界的に注目を集めています。これは岡山大学の農学部の中村宜督教授が2006年に学術報告した「イソチオシアネートによるがんの化学予防の可能性」により、今後さらに効果の高さが実証されることが期待されており、国内外から注目されています。

イソチオシアネートの調理や保存に関すること

そこで気になるのが、少しでも多くのイソチオシアネートを摂取する方法です。調理や保存で気をつけるべきことはあるのでしょうか。

結論からいうと、イソチオシアネートを少しでも摂取していきたいのなら加熱処理は避けるべきです。

イソチオシアネートを加熱してしまうと、生の状態で含まれていた時の含有量を半分以上も減少してしまいます。

加熱時間が長くなればなるほどその量はどんどん減ってしまうので、極力加熱をしないでイソチオシアネートが含まれているキャベツやブロッコリーなどの食材は摂取する方がいいでしょう。ですが、生で調理して摂取する方法はサラダなどレパートリーが少なくて飽きてしまう可能性も出てきてしまいます。

イソチオシアネートを手軽に摂る方法は?

調理より失われやすいとはいえ、キャベツやブロッコリーに多く含まれているためそのままではかさが多いので、手軽に摂ることが難しいイソチオシアネートは非加熱の状態でジュースで摂るのが効率的です。

しかしながら自宅で作るジュースにキャベツやブロッコリーを使うと独特の青臭さや苦味があり飲み辛く、かといって市販の野菜ジュースは飲みやすくするためにたくさんの果物や砂糖・塩などの添加物が入っていることが多くカロリーや健康面を考えても何を選べば良いのかわかりません。

そこでオススメしたいのがサンスターの「緑でサラナ」です。

「緑でサラナ」はイソチオシアネートを多く含むキャベツとブロッコリーを含んでおり、食塩、砂糖などが含まれていない無添加の食品です。

しかもガンと並んで死亡率の高い脳卒中や心筋梗塞の原因となる動脈硬化の要因となるコレステロールを下げるSMCSを含んでおり、これ一つで健康リスクを管理できます。fa-arrow-circle-right口コミはこちら緑でサラナの詳細はこちら

緑でサラナをお得に買う方法

緑でサラナは現在お得なキャンペーン実施中です 今なら 10%オフ、送料無料のWeb限定価格なので、安心してお試しいただけます この機会に緑でサラナを体験してみてください

緑でサラナの詳細はこちら


Copyright (C) All Rights Reserved.
特定商取引法の表記

おすすめの記事